R2年 西条北中学校日記

令和2年度 生徒総会

11月11日(水)5・6校時、生徒総会が開かれました。

 制服改正』についての話合いが行われました。

1学期の最後に体操服で1日学校生活を送りました。

この検証は、制服を変えるための第一歩として行ったものと生徒会執行部は考えています。

昨年、制服改正を行った西条高校へのインタビューの結果を報告しました。

そして、先月、本校で行ったアンケート結果です。

男子は、制服を改正しなくてもいい答えた人が多かったです。

女子は、制服を改正したほうがよいと答えた人が多かったです。

『制服改正について』の話合いを行いました。

男子の制服の袖口のボタンは必要ない、ホックがきつい、薄手の生地にしてほしいなどいろいろな意見がでました。

女子は、サスペンダーが邪魔である、冬服を脱ぐことができず体温調節ができないなどこちらもさまざまな意見がでました。

その後、『生徒会内規』についての話合いを行いました。その中で、へアドネーションについて話合いました。

意見を聞いてみると困った人のためにヘアドネーションをしても良いのではないかという意見が多かったです。

続いて『靴下の規定について』も話合いを行いました。

靴下の色を変えた方がいい、デザインについてなど様々な意見がでました。

私たちは今後、これらのことを改正してくために、どのようなことをしていかなければならないと思いますか?』

個性をのばしていくために髪型を自由にすればいいと思う、自由すぎると整った学校にならないなどの意見がでました。

生徒会長から今後もさらにルールをしっかり守りながら、改正について考えていきましょう、という言葉で締めくくられました。

校長先生から、個性は髪型や髪の色で出すものでしょうか?というお話がありました。

また、いい意見がたくさんでて大変すばらしい生徒総会でした。とお褒めのことばもいただきました。

生徒会役員のみなさん、準備、計画ご苦労さまでした。