2019年6月の記事一覧

救急救命講習(教職員)PartⅡ

 昨日の話題の続きです。講習会の後に「想定訓練」を行いました。場面を想定して

実際に動いてみることで、教職員の動きを確認しました。

【給食中、喉に物を詰まらせたという想定】

 異変に気がつき、生徒に他の先生を呼びに行くように指示をします。

職員室からは、実際に消防署へ通報(訓練)。救急車の通路を確保します。

 心肺蘇生法を実践します。他の教員がAEDを持って現場に到着し、

AEDの使用、救急隊への引き継ぎまで行いました。

 

【部活動中に意識を失うという想定】

 生徒への指示、AEDを持って駆けつける教員、心肺蘇生法の実施、救急隊への引き継ぎと

手際よく行うことができました。最後に消防署の方から講評をいただきました。